妊娠中のエステ

PR|ビジネス向け英会話学校|経営コンサルティング|外車のコーティングならアイアイシー|三軒茶屋のアロマエステなら|遺産相続の相談ならまほろば|婚活について考える|

 

妊娠中にはエステティックサロンなどでの施術を受けられないという印象をお持ちの方も多いと思いますが、美容のお手入れを行うのは、女性にとってなによりのストレス発散になりますし、リラクゼーション効果もあるもの。その点では妊娠中に是非受けていただきたいのがエステともいえます。 もちろんその内容は通常の施術とは異なり、より安全に考慮した施術でなければなりませんが、きちんと医師の許可を取った上でそのような安全なエステやマッサージを受けるのであれば、これは決して悪いことではなく、むしろ母体に良い影響を与えるものだといえます。 尚、一般的にマタニティエステは安定期に入り、母体の体調が落ち着いてきた頃に受けるのがいいといわれています。安定期とは、個人差はあるものの、妊娠中期の5~7か月くらいのことを指します。 なかには妊娠初期や妊娠後期でも施術を受けられるサロンもあるのですが、つわりがひどかったり、妊娠後期は妊娠中毒症やそれに近い状態で体調がすぐれない場合もあると思いますので、できれば控えた方がいいでしょう。 女性なら、たとえ妊娠中でも美しくありたいもの。特に最近の女性はママになってもきれいだったり可愛くしており、しかも仕事と家庭をしっかりと両立しているケースが多いため、同じような女性がどんどん増加傾向にあるのも事実。 女性は美容面で充実していると精神的にも安定しやすいため(その逆もしか りです)、妊娠中もエステティックサロンなどできれいに磨きをかけることで、よりリラックスしてマタニティライフを過ごすことにつながります。 特に妊婦さんの場合はフェイシャルエステなどの場合だとお腹にあまり影響がないため、体調がよければ是非、妊娠中にも受けていただけたらいいのではないでしょうか。ただし妊娠中は体質が変わってきたりするため、普段は問題なく使えるローションや美容オイルなどに敏感に反応し、肌トラブルを起こしてしまうこともあるので、その点には注意しましょう。また超音波などの機械を使ったエステは体内への影響も考えられますので、こうしたマシンを使っての施術は控えるようにしてくださいね。もし使用したい場合は事前に医師に相談の上、許可が出た場合だけ受けるようにしましょう。

 

PR|手帳タイプのスマホカバーが激安|品川のエステなら|メンズエステ|SEOアクセスアップ相互リンク集|ビジネスのオンライン英会話を学ぶ|スマホアフィリエイト|生演奏者を派遣する|サプリメントの選び方|V20|

Leave a Comment